外壁塗装を検討中の方必見!失敗しないために押さえておきたい豆知識をご紹介!

こちらのサイトは、外壁リフォームを塗装で行うことを検討されている人に失敗しないために押さえておくべき豆知識を分かりやすくご紹介しています。
外壁塗装を行うときの最適な季節は春と秋、他のシーズンに行うとどのようなデメリットがあるのか知っておくと塗装のタイミングを逃すことも減ります。
また、塗装に掛かる費用相場についても触れているので見積もりを依頼したときの金額が相場と同等のものであるのか否かの判断も可能になるのではないでしょうか。

外壁塗装を検討中の方必見!失敗しないために押さえておきたい豆知識をご紹介!

外壁塗装で失敗した、このように感じる事例の多くは塗料の色選びではないでしょうか。
塗装に使うペンキの色は、小さなカラーサンプルを使って好みのものを選ぶことになります。
小さなサンプルは目の錯覚を引き起こす要因でもあり注意が必要です。
外壁塗装の豆知識として覚えておいて欲しいことは、カラーサンプルを使うときは太陽の下で行うこと、住宅の外壁に当てて好みの色や配食を決める点です。
このやり方で行うと目の錯覚はなくなり外壁塗装で満足を得ることができます。

外壁塗装は何故必要?実施しない場合のリスクとは?

新築時にはきれいな外壁塗装も経年劣化が色あせて生きます。
クラック(ひびわれ)や白い粉が表面に浮き上ってくるチョーキング現象などは劣化の目安と考えられてきました。
外壁の素材や使用されている塗装にも左右されますが、一般的に10-15年に1回くらいのペースで外壁の再塗装をするのが理想とされています。
とはいえ外壁塗装はそれなりにまとまった出費になるので、なかなか踏み切れない方もいるかもしれません。
しかしそのまま放置しておくことはリスク要因を増大させることになり、おすすめできません。
外壁は風雨から建物本体を防護する役割をになっています。
そのため放置しておくと塗装膜が劣化することでダメージが蓄積し、防水機能が喪失することで漏水経路が形成されて雨漏りの原因となることも。
もちろん美観を損なうので、古ぼけた印象で建物全体が建築年数以上にみすぼらしくなっていくことも懸念されます。
美観が損なえば、最終的には資産価値の下落にもつながります。

外壁塗装を実施すべきタイミングとは?

外壁塗装はどのようなタイミングでやればいいのか悩んでしまうかもしれませんが、基本的に前にやってから8年から10年くらい経過しているのであれば、早めにやっておくと安心できます。
しかし使用する塗料によって15年くらいは大丈夫なケースもありますから、そのような場合は外壁塗装をするまでの期間も長くなる可能性が高いです。
そのため以前に外壁塗装をしているのであれば、そのときにどの塗料を使用していたのかを確認しておかないといけません。
また自分の目でチェックしてみるのも大切なポイントであり、明らかに汚れが目立つような場合は塗料が落ちているようなケースも考えられますから、早めに検査を依頼するといいかもしれないです。
無料で検査してくれるところもありますから、そのような場所に相談をすることで塗装が必要なのかを簡単に把握することができます。
外壁塗装を依頼したところの職人の質によっても左右されますから、優れた職人が対応をしてくれるところのほうが安心できるはずです。

外壁塗装は様々な業者に依頼できる!業種別の特徴とは?

外壁塗装の依頼先と聞いたとき、地元の塗装業者をイメージする人は多いのではないでしょうか。
しかし、塗装業者だけでなく内装などのリフォームを行っている会社、住宅を建築したりリフォームを行う工務店やハウスメーカー、地元にあるホームセンターなども塗装を行っているところもあるなど依頼先は実に様々な業種が存在することが分かるのではないでしょうか。
リフォーム店やホームセンターなどの場合は、実店舗がありチラシ広告などで認知している地元企業などから安心感があり、気軽に見積もり依頼が可能、工事完了後も他のリフォームをお願いすることも可能です。
ハウス無メーカーなどの場合は、自社施工の家の外壁塗装を専門にしているため保証が延長されることもある、建物構造や外装材などの特徴を熟知しているなどの特徴があります。
地元の外壁塗装業者の場合は、地域に密着していることからも近隣でも外壁塗装工事を行っていて、近所からの評判も把握ができます。

悪徳な外壁塗装業者を見分ける方法とは?

悪徳な外壁塗装業者を見極めたいなら、積極的に質問を行ってみるとよいです。
一般的な業者の場合、外壁塗装について専門的な知識を有している状態です。
些細なことから突っ込んだ質問までしっかりと答えてくれます。
一方悪徳業者の場合、専門的な知識を持っていません。
そのため質問を行ったときに答えに窮することが多いです。
この点に気を付けてみるだけでも優良な業者を見つけることができるでしょう。
また、無理やり勧めてくるような業者は、危険だと判断し利用しないのがベストです。
無理にサービスを勧めてくるような業者は押し売りするため危険です。
工事を了承してしまうことで、高い費用を払わされることになりますし工事もいい加減で不満ばかりが溜まります。
このような状況を避けるためにも、押し売りしてくるような業者を断る勇気も必要です。
はっきりと断ることで、無理に工事を勧められることがなくなってきます。
利用するなら、これらの点に気を付けてみるとよいです。